文字の大きさ

通常
拡大

背景の色

明るい
暗い

徳島県警察における障害者活躍推進計画の策定について

機関名

徳島県警察

任命権者

徳島県警察本部長

計画期間

令和2年4月1日~令和7年3月31日(5年間)

徳島県警察における障がい者雇用に関する課題

 令和元年6月1日時点の障がい者雇用率は、3.1%と法定雇用率である2.5%を達成している状況である。今後も法定雇用率を維持するとともに、職域拡大に努め、障がい者である職員がより活躍できる職場の整備を目指す。

目標

① 採用に関する目標

【実雇用率】各年6月1日時点
(各年度)当該年6月1日時点の法定雇用率以上
(参考)令和元年6月1日時点の実雇用率:3.1%
(評価方法)毎年の任免状況通報により把握・進捗管理を行う。

② 定着に関する目標

不本意な離職者を極力生じさせない
(評価方法)毎年の任免状況通報のタイミングで、人事記録を元に、前年度採用者の定着状況を把握・進捗管理を行う。

③ 満足度に関する目標

【満足度】前年度を上回る
※計画初年度は目標を設定せず、満足度に関するデータを収集(アンケートを実施)する。
(評価方法)毎年4月時点で在籍している障がい者(新規採用を除く)に対し、アンケート調査を実施し、把握・進捗管理を行う。

④ キャリア形成に関する目標

【障がい者が担当する職務の拡大】
計画期間中に5項目の新たな職域を開拓する。
(評価方法)毎年4月時点で在籍している障がい者(新規採用を除く)に対し、アンケート調査を実施し、把握・進捗管理を行う。

取組内容

1.障害者の活躍を推進する体制整備 

(1) 組織面

(2) 人材面

2.障害者の活躍の基本となる職務の選出・創出

3.障害者の活躍を推進するための環境整備・人事管理

(1) 職務環境

(2) 募集・採用

(3) 働き方

(4) その他