このページの現在地は、

Top > 防犯ソング > 振り込め詐欺防止の歌~振り込ま哀歌~

振り込め詐欺防止をみんなで歌いましょう

ふ り こ ま れ ん か

~振り込ま哀歌~

※「振り込まれん」とは阿波弁で「振り込んではいけません」という意味です。

写真
  1. 振り込ま哀歌(mp3)
  2. カラオケ(+3)(mp3)
  3. カラオケ(原曲キー)(mp3)
  4. 振り込ま哀歌 カラオケ動画(wmv 約71MB)
作詞 松浦 正
作曲 松浦 正
編曲 県警音楽隊
野村 季子

1 俺よ俺よと言われるままに
孫と信じて話しした
振り込み操作終わってた
何であの時気が付かぬ
かわいい孫の話し癖

2 うまい話と持ちかけられて
誰にも言わずについて行く
後先分からず振り込んだ
何であの時分からない
お金は汗して生まれると

3 会社で不祥事お金がいると
離れたわが子の涙声
誰にも言えずに振り込んだ
何であの時信じない
わが子はりっぱな社会人

※曲及び歌詞・楽譜の商用目的の転載・複製を禁止します。

プロローグ

現在、日本中で人情を巧みに悪用した振り込め詐欺犯罪が横行しています。このため全国の警察は、あらゆる施策を考案しこの犯罪を撲滅するために日夜努力しております。しかし、全国のどこかで発生しているのが事実です。

特にこの犯罪の標的になりやすいのは、中高年世代の方々です。子供さんやお孫さんが親元を離れて生活している実情を悪用した現代の世相を反映した犯罪なのかもしれません。そのため、この犯罪を1日でも早く撲滅するにはどうすれば良いか、今の微力な私にできることは何かと思考した結果、音楽になったのです。

音楽は、私たちの心に感動を与え、時には歓喜し、時には涙し、時には安らぎを与えてくれるものです。音楽こそ国境のない、言葉の壁もない世界共通のメッセージなのです。
それで、中高年世代の方々に一番親しみやすい音楽と考えたとき、歌い易い歌詞、覚えやすく馴染みやすいメロディー、そして、1日でも永く歌い続けていただける心に残る歌と言えば、演歌ではないかと考えたわけです。

この歌をあらゆる機会に聴いていただき、被害に遭ったときの悲哀を常に心のどこかに置かれ、現実には絶対に被害に遭わないようにしていただければ幸に存じます。

作詞曲者  談


【問い合わせ先】


 那賀警察署 0884-62-0110