このページの現在地は、

Top > 警察署からのお知らせ > 板野警察署

板野警察署

署長から一言

 涼味とみに加わり、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申しあげます。
 去る7月29日、鳴門・大塚スポーツパーク、ソイジョイ武道館において、第29回徳島県防犯少年柔道・剣道大会が開催され、板野警察署代表として出場した柔道チームが優勝、剣道チームが特別賞(4位)という素晴らしい結果でした。選手の皆さん、指導者の先生方や選手ご家族の皆様、本当におめでとうございます。
 そして、武道とは、人間が生まれながらに持っている「すばらしい性格」を引き出し、それを磨き、鍛え、育てていくことであると聞き及んでいます。
 さて、県下では、「高齢者向けの給付金」などを装った特殊詐欺事件が多発しています。『還付金があるのでATMへ』『レターパックや宅急便でお金を送って』『うまい儲け話があります』『有料サイトの料金が未払いです』『電子マネーを買ってIDを教えて』など、電話でお金の話は詐欺です。直ぐに警察に相談してください。
 また、被害防止のため、「安心メール」への登録をお勧めします。詳しい登録方法は、板野警察署までお問い合わせください。

防犯・防災への取り組み

障がい者支援施設に対する不審者対応訓練の実施について

 平成28年8月10日、板野警察署では、当署管内所在の障がい者施設の職員、利用者を対象に、不審者対応訓練を実施しました。これは、神奈川県の障がい者施設で発生した事件を受けて実施したもので、同訓練は、刺股や椅子、ほうき等を活用し、不審者を撃退するものです。
  職員、利用者の危機管理意識を醸成するための有意義な訓練となりました。                            

今月の重点施策等

秋の全国交通安全運動の実施について

【期間】
平成28年9月21日(水)~9月30日(金)までの10日間
9月30日(金)は交通事故ゼロを目指す日です!!


 今年に入り、本県での死亡事故は37件(H28.8.25現在)であり、これは、前年の11件に比べプラス26件という状況です。
さらに、被害者の多くは、高齢者であり、今回の運動は、子供と障がい者、高齢者の交通事故防止が基本とし、取り組むこととしています。
 
【目的】
 広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。

【運動中の全国重点】
 1 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止
 2 後部座席を含む全ての座席のシートベルトとチャイルドシート
   の正しい着用の徹底
 3 飲酒運転の根絶


現在、スマートフォンの普及が増えるに伴い、様々なアプリケーションが作られています。歩きながらスマートフォンを操作する、いわゆる「歩きスマホ」をする方をよく見かけます。
 歩きスマホが与える影響・・・・
 スマホに集中してしまうと、
 1   前方が見えなくなり、他の歩行者や車との衝突
 2 電柱などの工作物への衝突
 3 水路、駅ホームから転落
大きな事故へ繋がる恐れがあるので、歩きスマホはやめましょう!!

                                                                  
 

板野警察署案内図





板野警察署
電話 : 088-672-0110
住所 : 〒779-0105 板野郡板野町大寺字大向34-1



交番・駐在所一覧(板野警察署管轄)

名称 住所
藍住町東交番 板野郡藍住町笠木字中野174番地6
藍住町西交番 板野郡藍住町徳命字前須東171番地5
板野町大寺駐在所 板野郡板野町大寺字亀山西169番地5
板野町下庄駐在所 板野郡板野町下庄字古杉111番地1
板野町那東駐在所 板野郡板野町那東字楠木8番地2
上板町西分駐在所 板野郡上板町西分字カヤノ46番地4
上板町神宅駐在所 板野郡上板町神宅字北屋敷27番地8
上板町鍛冶屋原駐在所 板野郡上板町七条字西栗ノ木21番地4