このページの現在地は、

Top > 警察署からのお知らせ > 鳴門警察署

鳴門警察署

署長から一言

「夏季における水難防止!」

 気温の上昇とともに、自然体験型のレジャーを楽しむ方が増加する一方、河川等における釣り・水泳・キャンプなどで、尊い命が失われる水難が夏季に多発しています。

○ 水難の未然防止対策
  水難を未然に防ぐためには、余裕を持った計画を立てるとともに、以下の
  ような点に留意する必要があります。

 1 危険箇所の把握
     魚取りや釣りでは、転落等のおそれがある場所、水泳や水遊びでは、水
     温の変化が大きい場所や流れの激しい場所などの危険箇所を事前に確認
     して、近づかないようにする。

 2 的確な状況判断
    天候不良時、体調の悪いとき、飲酒したときなど、水難のおそれが高いと
     きは、釣りや水泳などを行わない。
   ※ 住んでいる地域が晴れていても、目的地が晴れているとは限りません。
      目的地の天気をチェックしましょう。

 3 ライフジャケットなどの活用
     釣りやボートなどで水辺に行く時は、必ずライフジャケット等を着用する。
  ※ ライフジャケットは体のサイズにあったものを選び、正しく着用する。

 4 遊泳時の安全確保
     遊泳区域内で遊泳するようにし、掲示板や標識などにより危険区域と
     表示された区域内には入らないようにする。遊泳区域を表示する標識や
     浮きなどを移動させたり、損壊しない。遊泳中は、他人に抱きつくなど危
     険な行為をせず、水深や水流を考慮して安全な方法で遊泳する。

 5 保護者等の付き添い
     子どもの水難防止のため、幼児や泳げない学童等を水遊びさせるに
     当たっては、その者を保護する責任のある者が付き添うなどして、目を
     離さないようにする。また、子ども1人での水遊びは絶対にやめさせる。

 6 河川における注意事項
    周辺の状況を確認し、テントは安全な場所に設置する。遊んでいると
     きも、雲の動きや川の流れに注意し、落雷など危険だと感じたときは速
     やかに安全な場所に避難する。


トピックス

 ● 「里浦地区いのちを守ろう集会」の参加

 ○ 平成29年6月16日 午前8時45分から午前10時までの間

 ○ 鳴門市里浦町 里浦小学校体育館


 ○ 鳴門警察署では、里浦地区の住民や子どもたちが、安全で安心な防犯体制を整え不審者から身を守り生命を守る具体的方法と、危機に対応しようとする意識を高めることを目的として開催された「里浦地区いのちを守ろう集会」に参加しました。
  同集会には、里浦小学校生徒、地域住民、関係機関など約220名が参加し、鳴門警察署若手警察官による不審者対応要領の説明、生徒参加のロールプレイ、声出し訓練などを実施し防犯意識の高揚に努めました。

      

 

鳴門警察署案内図





鳴門警察署
電話 : 088-685-0110
住所 : 〒772-0032 鳴門市大津町吉永755-7



交番・駐在所一覧(鳴門警察署管轄)

名称 住所
撫養町交番 鳴門市撫養町小桑島字前浜238番地
撫養町木津交番 鳴門市撫養町木津705番地4
里浦町駐在所 鳴門市里浦町里浦字小高塚645番地の1
大麻町大谷駐在所 鳴門市大麻町大谷字井利の肩29番地の1
大麻町牛屋島駐在所 鳴門市大麻町牛屋島字中須27番地5
大麻町板東駐在所 鳴門市大麻町板東字西山田24番地6
鳴門町土佐泊駐在所 鳴門市鳴門町土佐泊浦字高砂68番地の1
鳴門町高島駐在所 鳴門市鳴門町高島宇南442番地
瀬戸町駐在所 鳴門市瀬戸町明神字越浦334番地の8
北灘町駐在所 鳴門市北灘町折野字東地279番地の8