このページの現在地は、

Top > 警察署からのお知らせ > 徳島北警察署

徳島北警察署

署長から一言

         
夏祭り等における雑踏事故に気をつけましょう
 いよいよ、真夏の祭典「徳島市の阿波踊り」をはじめ、県内の各地で花火大会や夏祭りが開催されるシーズンになりました。今年も、お盆休暇や夏休みを利用した帰省客や観光客等の交通量の大幅な増加が見込まれ、交通事故や各種事故の増加が予想されます。
 夏休みやお盆の期間中にレジャー等を計画されている住民のみなさんは、くれぐれも雑踏事故等の被害に遭わないように十分気をつけて楽しい夏休みをお過ごしください。
 
 当署管内におきましても、8月6日(土)、毎年恒例の夏のイベント「北島町ひょうたん夏祭り」が開催され、午後8時30分からは花火の打ち上げも予定されていますので、多くの見物客で混雑が予想されます。人出が多くなれば、交通事故や子どもの迷子に関する届出等が増加します。祭り見物に出かける方は、雑踏事故に遭わないように無理をせず、ゆとりを持った行動をお願いします。

 また、65歳以上の高齢者による交通事故の死亡者数が26人(7月26日現在)となり、前年比+20人となりました。ドライバーの方は、運転中は運転に集中しましょう。運転中にスマートフォンの使用は、事故の元となりますので、絶対にやめましょう。

 雑踏事故を防止するため、下記の点に注意してください。      
1 
 群衆心理に惑わされず、現場の警察官等の指示に従う。
 混雑してくると群集心理が働き、普段は理性のある人でも他人の行動に引きずられて、一人の時には考えられないような行動に走ることがあります。現場に配置されている警察官や係員の指示、誘導に従いましょう。
 子どもから目を離さない。
 雑踏で一番多いトラブルが迷子です。原因の一つとして、親の不注意が挙げられます。親が見物に夢中になったり、子どもを一人にしたりしないように、また、子どもの手をしっかり握って離さないなど、我が子は自分の手で守りましょう。
 
 歩道橋など狭い場所での見物はやめる。
 歩道橋など狭い場所での見物は、人の流れを遮り、混雑や転倒事故を招くことになりますのでやめましょう。 
 
 
 「スリ」や「置き引き」などの被害に気をつける。
 現金や貴重品は手元から離さず、手荷物にも気をつけておきましょう。 
 
 
 ドローン(無人航空機)の飛行は自粛する。
 ドローンが落下することにより、負傷者が出る可能性があるほか、行事進行の妨げになる場合があります。 
 
                  
 また、夏休み期間中は自転車やオートバイ等の盗難をはじめとする街頭犯罪による被害も増加しています。特に自転車盗の被害者は、学生(小・中・髙・大学生及び専修学校生)が約6割という統計も出ていますので、大学生以下の子どもが自転車等を通学などに利用しているご家族の方は、盗難の被害に遭わないように、駐輪するときは、必ず施錠するように」指導してください。
 なお、県内での被害の発生場所は、徳島大学(常三島)26件、ゆめタウン7件、JR阿南駅7件(平成28年6月末)となっています。                 

警察署協議会開催状況

徳島北警察署協議会開催予定
次回開催予定 平成28年8月30日(火) 13時30分から

徳島北警察署案内図





徳島北警察署
電話 : 088-698-0110
住所 : 〒771-0204 板野郡北島町鯛浜字川久保211-1



交番・駐在所一覧(徳島北警察署管轄)

名称 住所
川内町交番 徳島市川内町大松486番地の2
松茂町交番 板野郡松茂町中喜来字前原西四番越13番地の1
川内町宮島駐在所 徳島市川内町宮島浜105番地の1
松茂町長原駐在所 板野郡松茂町長原43番地11
応神町吉成駐在所 徳島市応神町吉成字西吉成91番地の3
徳島空港警備派出所 板野郡松茂町豊久字朝日野16番2