このページの現在地は、

Top > 子ども・女性の安全 > ストーカー事案の対応状況について(徳島県内)

ストーカー事案の対応状況について(徳島県内)

少年女性安全対策課

1  ストーカー事案に関する相談対応件数

平成29年中の相談対応は、前年に比べて15件増加した。

平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
相談対応件数 214 220 211 151 166

2  ストーカー規制法の適用状況

平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
文書警告件数 23 18 20 14 23
援助措置件数 32 26 35 25 48
禁止命令件数
検挙件数

3  被害者の年齢

年齢19歳以下20~2930~3940~4950歳以上不明
件数1339424923166

4  行為形態別発生状況(平成29年中・複数計上)

行為形態をストーカー規制法第2条第1項の号別に分析した結果、1号行為のつきまとい、待ち伏せ等が92件で最も多く、続いて5号行為の無言電話、連続電話、メール等の順になっている。

行為形態件数
つきまとい、待ち伏せ等(1号)92
監視している事項の告知等(2号)
面会・交際等の要求(3号) 54
著しく粗野又は乱暴な言動(4号)
無言電話、連続電話・メール等(5号) 58
汚物等の送付等(6号)
名誉を害する事項の告知等(7号)
性的羞恥心を害する事項の告知等(8号)