このページの現在地は、

Top > 子ども・女性の安全 > 子ども・女性安全対策室について



 平成21年4月1日、子どもや女性を性犯罪等の卑劣な犯罪から守るため、徳島県警察本
部生活安全企画課に「子ども・女性安全対策室」が設置されました。
 当室の愛称は、 
 Juvenile 年少者
 
Woman   女性
 
Aegis   ギリシャ神話の盾、保護
 
Team   班
の頭文字を取り、
 「JWAT(ジェイワット)
と名付けられました。
  子ども・女性安全対策室発足式

    子ども・女性安全対策室の任務 
    子どもや女性を対象とする性犯罪等は、被害者等の心
身に深い傷を残す卑劣な犯行であるため、当室はその前
兆とみられる
    
声かけ・つきまといなど(前兆事案)
が発生した早い段階で、発生警察署と連携して、積極的
に情報収集・分析を行い、行為者を特定して検挙又は指
導・警告を行っています。
 つまり、当室は行為者の行為が重大事件にエスカレー
トする前に、事前に手を打つ
   
「先制・予防的活動」
を専門的に行っています。

    活動内容
    ① 情報の収集・分析
   被害者やその保護者からの事情聴取、発生場所周辺での聞き込み等の情
  報収集を行い、その手段方法・発生場所の特徴等から、行為者特定に向け
  た分析を行っています。
 
② 先制・予防的活動
   行為者を特定した場合、法律に違反する事案は確実に事件検挙を行い、
  法律違反に至らない事案でも、子どもや女性を対象とする性犯罪等を未然
  に防止する観点から看過することなく、指導・警告を行っています。
 
③ 犯罪被害防止活動
   子どもと女性を性犯罪等の被害から守るため、
    専用電話の設置
    防犯教室や護身術指導の実施
    防犯キャンペーンの実施
  等の活動を行っています。
 

    子どもや女性を対象とする性犯罪等の前兆事案とは・・
    子どもや女性を対象とする性犯罪等は、被害者等の心身に深い傷を残すばかり
か、地域住民のみならず、社会全体に大きな衝撃を与え、治安に対する著しい不
安を生じさせるものです。
 その前兆とみられる事案(前兆事案)には、次のようなものがあります。
 
   卑わいな言動で声をかける行為
犯罪に至らない声かけ行為


 ○ 「胸大きいな」「パンツ見せて」などの卑わいな言動をする
  行為
 ○ 「お菓子買ってあげるよ。」「一緒に遊びに行こう。」「何年
  生?名前は?」などと声をかける行為

  
   不安や迷惑を覚えさせるようなつきまとい行為や進路に
立ちふさがる行為


 ○ 下校中の子どもの歩く速さに合わせて、後をついていく
 ○ 目当ての女性の自宅・勤務先等のまわりを徘徊する
 ○ 進路に先回りして、立ちふさがる
  
  
   デジタルカメラ、ビデオ等での無承諾の撮影行為

 ○ 買い物中の女性の周りを徘徊し、バッグ等に隠したビデオ
  カメラでスカートの中や尻、足を撮影する
 ○ 通学中の小中学生等の容姿を車内からデジタルカメラで
  撮影する
  
  
   他人の身体に触れる行為で、強制わいせつに至らない行為

 ○ すれ違いざまに、胸やお尻などを触る
 ○ 腕をつかんだり、引っ張ったりする
 ○ 肩や腰などに手を回す
 
  
   下半身等を露出する行為

 ○ 人通りの少ない脇道で待ち伏せし、通りかかった女性に
  露出した下半身を見せ付ける
 ○ 停車中の車内で下半身を露出し、通りかかった女性に見
  せ付ける
  
  
   上記に該当しない不審者及び不審行為

 ○ 風呂場、脱衣場などをのぞく
 ○ 干してある下着等を盗む
 ○ 卑猥なチラシ、玩具などを郵便受け等に入れる

  
   ※ 前兆事案の被害者は、成人女性・女児だけでなく、男児の場合もあります!! 
 
   見知らぬ人に「声をかけられた」、「つきまとわれた」、
「写真をとられた」など不審者情報は、
 
「子ども・女性を守る通報ダイヤル」
     (088-623-6110)


または最寄りの警察署へご相談ください!!

 

    不審者情報の発生状況
  

累計 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 月平均
平成21年 315 11 16 12 37 23 50 22 27 37 39 15 26 26.3
平成22年 357 37 35 16 21 32 27 28 35 34 36 33 23 29.8
平成23年 606 42 34 33 39 57 39 52 50 79 50 76 55 50.5
平成24年 815 53 49 41 65 96 90 83 69 90 69 63 47 67.9

※ 対策室が収集した平成24年中の不審者情報件数は815件、被害者総数は
  939名です。




形態 声かけ つきまとい  露出  身体接触
(痴漢)
写真撮影 のぞき その他  合計 
平成24年
(前年比)
163
(+28)
150
(+76)
83
(-3)
119
(+31)
73
(-1)
 44
(+7)
183
(+71) 
815
(+209)

      ※ 「その他」は、「声かけ」「つきまとい」「露出」「身体接触」「写真撮影」
       「のぞき」のいずれにもあてはまらない不審者事案(メモ紙の投函、不
       審者の徘徊など)です。




発生時間帯については、
 宵(16~19時)が241件(29.6%)
と最も多く、次いで
 中夜(19~23時)160件(19.6%)
 午後(13~16時)122件(15.0%)
の順に多く発生しています。
 不審者は、小・中学校の下校時間帯である宵(16時~19時)に最も多く出没しています。




発生場所については、
  路上が436件(53.5%)
と半数以上を占め、次いで
  一般住宅  92件(11.3%)
  店舗内(書店、コンビニ、スーパー等)
          76件(9.3%)
  駐車(輪)場 67件(8.2%)
の順に多く発生しています。




被害者は、
 女性が大半の826人(88.0%)を占めています。

被害者の年齢については、
  10歳未満が130名(13.9%)
  10歳代が408名(43.4%)
となっており、学齢期の子どもを中心とする未成年が半数を占めています。
学識別被害状況
小・中学生の被害態様は、
  声かけ    89人(32.5%)
  つきまとい 102人(28.3%)
  身体接触   54人(15.0%)
が多くなっています。

高校生の被害態様は、
  声かけ    29人(20.6%)
  つきまとい  29人(20.6%)
  露出      29人(20.6%)
が多くなっています。

    検挙・指導警告状況
  

   
平成21年
(4/1~12/31)
平成22年
(1/1~12/31)
平成23年
(1/1~12/31)
平成24年
(1/1~12/31)
検   挙 11件 19件 18件 18件
指導警告 12件 19件 39件 23件

※ 当室で不審者情報の分析を行い、行為者を特定して検挙・指導警告を行った件数です。
※ 内容は、平成21年は当室発足時(4月)からのものです。




【検挙事例】
 ○ 自転車で下校中の女子中学生を車で執拗に追いかけた上、同女の進行方向に先
  回りして待ち伏せるなどの行為を反復して行った男を軽犯罪法違反で検挙
 ○ 特定の女子中学生に対し、自宅にぬいぐるみを送りつけたり、駐輪中の自転車の
  前カゴに交際を要求する手紙等を複数回投げ入れるストーカー行為を繰り返した男
  をストーカー規制法違反で検挙
 ○ 小学生の女子児童6名に対し、性教育と称して卑わいな文言を申し向けたり、抱き
  つくなどした女性を県迷惑行為防止条例違反で検挙
 ○ 自転車で登校中の女子高校生を車で追随し、追い越し際に同女の右大腿部を触
  った男を県迷惑行為防止条例違反で検挙
 ○ 量販店において、ショルダーポーチ内に隠匿していたデジタルビデオカメラを使用し
  て、女性の下着を撮影した男を県迷惑行為防止条例違反で検挙
 ○ 用便中の女性を盗撮する目的で、衣料販売店のトイレに侵入し、仕切り板の上から
  動画撮影機能付携帯電話機で個室内を撮影した男を建造物侵入・軽犯罪法違反で
  検挙
 ○ 小学校高学年の女子児童に対し、店舗内ですれ違いざまに胸を触ったり、道案内
  を装って路上で声をかけ、胸を触る痴漢行為を繰り返していた男を検挙
 ○ 登校中や公園で遊戯中の小学生女児に対し、陰部を露出する公然わいせつ事件
  を繰り返していた男を検挙
【指導警告事例】
 ○ 量販店駐車場で好意を持った複数の若い女性に対し、駐車中の車両に自己のメ
  ールアドレスなどを記載したメモ紙を挟みこむ迷惑行為をした男を指導・警告
 ○ 階段の段差を利用して、階段下の路上にとめた車内から階段を上がる女子高校
  生のスカート内をのぞき見た男を指導警告
 ○ JR駅前で雑談中の女子高校生に対して、「友達になってくれ。」などと声をかけた男
  を指導警告
 ○ 中学校正門付近において、女子中学生数名の容姿を使い捨てカメラで無断撮影し
  た男を指導警告
 ○ 女性の携帯電話機に「結婚してください。」、「おっぱい」等の内容のメールを送信し
  た男を指導警告
 ○ 書店で立ち読みをしていた女性の背後から接近し、同女の容姿をデジタルカメラで
  無断撮影した男を指導警告
 ○ 帰宅中の女子高校生に対し、ナンパ目的で声をかけ、つきまとった男を指導警告
 ○ 小学生の女子児童に対して、暴言を吐きながらつきまとった男を指導警告

   犯罪被害防止活動
   子どもと女性を性犯罪等の被害から守るための専用電話の設置 
   「声かけ」、「つきまとい」等の不審者に関する情報や女性や子どもに対する性犯罪等の情報を
集約するため、平成22年3月1日から、子ども・女性安全対策室に、
    「子ども・女性を守る通報ダイヤル」(088-623-6110)
 を設置していますので、悩まず相談してください。

平成22年 平成23年 平成24年
相談受理
件数
20件 59件 72件

※ 子ども・女性を守る通報ダイヤルで相談を受理した件数です。
※ 平成22年は、運用開始(3月)からの件数です。


  防犯ネットワークの整備 
   官民連携による防犯ネットワークを構築し、犯罪の起きにくい社会づくりを推進するため、
平成23年3月30日に、徳島県宅地建物取引業協会と
     「地域の安全対策に関する覚書」
を締結しました。
 各種団体と相互協力して、地域の安全を確保するための活動に取り組んでいます。 
  ヤング防犯ボランティア「Peace Of Tokushima」が防犯キャンペーンを実施
   若い世代の参加促進を図る防犯ボランティア支援事業で発足した警察庁指定のヤング防犯ボランティア「Peace Of Tokushima」と連携して大学祭などの機会に防犯キャンペーンを実施し、女子大生等を対象に防犯対策のポイントを記載したチラシを配布しました。