このページの現在地は、

Top > 阿波の治安 > 本部庁舎に展示する美術品の紹介について

本部庁舎に展示する美術品の紹介について

警察本部庁舎を彩る美術品の紹介

  警察本部庁舎にすばらしい美術品が展示されているのを御存知でしょうか。
いずれも日本を代表する高名な作者の方々の作品です。作品の紹介をいたし
ますので、警察本部に見えられた折りには、アーティスティックな気分で作品を

御覧頂けたらと思います。

裸婦像「茉莉花(まつりか)」 /

展示場所  警察本部庁舎玄関ロビー
作品名  茉莉花(まつりか)
作  者  舟越保武さん
 (1912年~2002年)
プロフィール  舟越さんは、東京美術学校
 (現東京芸術大学)を卒業後
 彫刻家としての道を歩まれ、
 宗教的テーマを題材にした
 作品を数多く創作されていま
 す。戦後における具象彫刻
 の代表的な作者の方です。


石像「母子像」 /

展示場所  警察本部南側の植栽
作品名  母子像
作  者  河合隆三さん
プロフィール  河合さんは、東京芸術大学
 彫刻科を卒業後、彫刻家と
 しての道を歩まれ、石像を中
 心とした作品を数多く創作さ
 れた方で、石の彫刻では代
 表的な作者の方です。
 また、河合さんは、現在大阪
 芸術大学教授として、後進の
 指導に当たられています。